■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
早いもので・・・
被災して早、3週間ほどが経過した。

住居の方も、屋根の修理も完了して、だんだんと日常が戻りつつある。
ただ、足場はまだ組んだままだ。
工事の時に、あの台風18号の上陸もあり、気が気ではなかったが、無事に台風一過で
難なきをえた。
屋根の修理が終えると、ちょっとここも直さなければ・・・・
バランスが悪い・・・なんて整形をした女性?のような心境に陥った。
ただ、経費との相談ではあるが。

経費といえば、見積もり申請をしていた金額が、保険の適用になったようで
一安心。ただ、金額が下りるのは、もうすこしかかるとのこと。
この災難にあって、普段無用の長物化していた保険というもののありがたみをしみじみと
感じた出来事だった。これを契機に、個人の傷病の補償ももっと厚くしておこう。

いろいろな方から、励ましの言葉や、お見舞いなどを頂き、ほんとにありがたかった。
災害時には、特に人の優しさが心に沁みる。一人ではないのだと・・・・
自分では精神的にはそんなに落ち込みもしなかったと思っていたのだが、体は
正直なもので、夏風邪がピークであった当日から、ずっと今まで空咳が続いている。
それに・・・・・足の指の付け根に痛み・・・omg 痛風。
手にできた湿疹が完治しない。眠りが浅いetc。
やはり、免疫力が落ちている。それに、休日とはいっても、工事の職人が居る状況だし・・・
知らず知らずに緊張が続いていたのだろう。

これが、もっと大災害に見舞われていたら、こんな状況では、あるまい。
これから、起こりうるだろう大地震を想定したら、今回の災害は、一つの教訓を得たという
ことでは、良かったのかも知れない。
スポンサーサイト


社会 | 12:50:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad