■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上春樹・・・・・
導入部から途中までは、ほんとにひきこまれていったのだけどぉ・・・・・
最後は、こんなんでいいの?

てな感じで肩すかしをくったというか・・・
ま、読者に考えさせる構成なんだろうけど・・・
すっきりしない。笑

ま、いままで東野圭吾ばっかり読んできた私としては、推理小説の終わりのようにすっきり
まとめてほしかった・・・・

でも、村上春樹っていつも思うんだけど・・・
なんで人気があるのか?
私には、わかりません。
スポンサーサイト


| 09:06:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad