■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
植物のしたたかさ・・・・
「植物の不思議な生き方」・・・稲垣栄洋著

植物のいろいろな生態が書かれている本。自分、生まれ変わったら、屋久杉に生まれ変わりたい
と思っている。植物って、とっても平和な生物・・・・ってイメージ。
しかし・・・

てな具合の本かも。
とても面白く読めた本の一つ。

植物にはとても興味がある私。男?のわりには、植物の名前や生態など知っている方だと思う。
風呂場にアイビーを水栽培しているのだが、そこに、挿し木ように取ってきたアジサイを
入れていたのだが、当初は元気よく両者青々していたのが、その後、急にアイビーの発育が
早くなったような・・・。暫く観察をしたところ、それに反してアジサイがしおれてきた。
それを見たとき、これって、生存競争?って思ったわけ。
科学的はことはよく分からないが、きっとアイビーから何か毒物がでて、アジサイを
毒殺したのでは・・・・(東野圭吾の読み過ぎか・・・笑)

で、今日のyahooのニュースを見ていたら、植物って隣同士でいろいろ情報を交換している
ようなことが書いてあった。それによって成長が早くなるとか・・・・

それを読んだとき、あ・・・これだ! と思ったんだけど。

それにしても、植物を優しい穏やかな平和主義者と思っているのは、人間の側から見た偏見。
彼らは、とってもしたたかで、賢い生物なのだろう。

かの本には、地球上に現れ、酸素を発生させた植物を地球の微生物を殺戮した侵略者とも
書いてあったけど。笑

見方が変わると、とっても面白く世界が見えてくる。
スポンサーサイト


未分類 | 09:36:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad