建築基準法第42条2項

今日は、建築基準法のお勉強・・・・・w

ったって、分からんのだけど。
--------------------------------------
現行の建築基準法の規定では、都市計画区域において敷地が4メートル以上の道路に接していないと原則として建物を建てることはできません。建築基準法第42条第2項の規定は、建築基準法施行前の要件を満たさない敷地を救済するための規定です。
-------------------------------------

単純に言えばそうゆうことなんだと。

ふ~ん・・・・・私には関係ないし。と思っているそこのあなた!!   甘い。

多分みなさん、お若いだろうから、持ち家なんて持たないし、建てもしない・・・・現在、賃貸マンションだし・・・・
って方がおおいのでしょうが・・・・・

親の家はどうなんざんしょ。そいういえば、最近暑くなって・・・きました。w
例えば、親が亡くなって、その持家を建替え、または売却するときに、この法律が出てくるのらしい。
要は、幅4メール以上の道路に2m以上接していれば? どうってこたぁ無いんだろうが。
普通の家は、幅4メール未満に接しているのが殆どだ。その時に、改築・また土地など売りに出したりするとき、
4メートル道路を将来作るということで、敷地を道路作成時に寄進(あくまでも、タダでね)しなければならないことが
起きるらしい。まあ、お向かいの家との折半でということなので、30cmとか10cmなどぐらいになるのだろうが・・・・・
でも、タダで土地をとられてしまうんだぜ!! 道路が作られるときには。要はその道路を作成する担保として、
土地を寄進して改築・転売というシナリオになるらしい。

いやはや、そんなの全然知らんぜ!!

ま、建築基準法なんて普段全然つかわないじゃん。
それに、こんな地方自治・国の企みが潜んでいるなんて................
やっぱ、いつになっても、搾取されるのは、国民だな。

追伸・・・・・私は素人なので、ここに書いたことが正しいのかは、分かりません。w
      でも、素人の私が聞いてきて判断した結果がこうなるので、殆どの人は、そいう思うのだと思うんだけど。
      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク