美とは・・・・

ここ数日、久々に小説三昧。
高校2年のときに、読んだ三島を読み返している。
「禁色」。
17歳で読んで、40年後にまた、読み返してみるとそれぞれの立場がよく理解できる。
三島がこれを書いたのは、20代の後半?かな・・・・・よく、書けたと思う。

女性を受け付けない完全なる美と、女性に裏切られそれに復讐をする小説家
若さと老いなど、いろいろと考えさせられることが多い。
平成の時代、ネットで簡単に相手を見つけたりカメラで見たり・・・携帯で連絡を取り合う時代に
もし、三島が生きていたらなんていうだろう。
ナルシスだから、きっといろいろなところに褌の写真を投稿していたり・・・・笑

でも、彼がもし、ゲイではなかったら、世界に名をとどろかせた三島文学はなかったろうな。
せいぜい、伊藤文学ぐらいか。笑

因みに、主人公の南悠一は、だれになるだろう。平成では。
自分なりには、室伏なんかお勧めなんだけど。ははは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうごわした。

> 誤変換で「禁色」が「金色」になっていますので、修正なさったほうがよろしいと思います。
プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク