防災訓練

早いもので、阪神淡路大震災から、もう14年経ってしまっている。

今日、我が町の自治会の合同防災訓練が行われた。
ま、今年班長であるわが身、たまの休日の午前中を束縛されるのは、とても辛いのだけど、
しぶしぶ参加した。

出てみて、やっぱ参加してよかったかも。

いろいろな体験ができるのだが、今回初めて自分が体験したのは、煙。
テント内には、垂れ幕などがあり、ちょっとした迷路になっているのだけど、
いやはや・・・・・視界が全然利かない。
訓練とわかってはいても、やっぱ少々パニくる。
方向感覚がくるってくるのだ。いかに、普段、目から入る情報に頼っているかがよくわかる。
実際に、火災で煙に巻かれたら、低姿勢で壁伝いに手探りで・・・・・・これが一番的を射た方法
ということが実感できた。

それにしても、1000人もの人員が訓練に参加する自治会という連合にびっくり。
やっぱ田舎? 東京だったら、こうはなるまい。
でも、参加者は、ほとんど爺ちゃん・婆ちゃん。(高齢化の波を実感)
ま、若者は、休日、プライベートで忙しいのだろうし、バカバカしい・・・・と思ってもいるだろうが。

で、最後に災害時の市内放送がデモとして放送されたのだが・・・・・・・


ピンポンパンポン・・・・・只今、某都市に、弾頭ミサイルが着弾するようです。すぐに、自宅に入り、テレビ・ラジオで情報確認をしてください。防災●●でした。・・・・・・・・


オヒオヒ!!

いや、今時の防災訓練って?  びっくりでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク