プロフィール

waipapa


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


訪問履歴


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:健康
最近の休日は、ほんとまったりと休息に費やす日々。
結構今の時期、仕事がハードになるのでやむを得ないが・・・・・・

久々に、読書に勤しむことができた。

「ITに殺される子どもたち」 

しかし、すごいタイトルをつけたもんだな。
確かに、現在のガキの世界は、コンピュータゲーム・携帯サイト・メール等々・・・・ITに囲まれていきているようなもの。子供だけではないが。
そんなガキ達のゲームをしている時の脳の中は、どうなっているのだろう?
そういう観点で書かれた本。

一見、現代のガキ達は、PCの操作にも長けているし、PCの無かったオジン世代から見ると、
すごいことをしているようにも見える。キーボードの操作も早いし。
しかし、脳の中は、人間性のほとんどを司る前頭葉が、ゲームをすることによって全然活性化されないことが分かったらしい。その脳の働きは、あたかも、痴呆症を患った人の脳と同じような感じらしい。日々、ゲームを長時間していると、β波が著しく低下してしまい、戻らなくなるという結果が出ている。β波は、集中力や、思考力と関連づけられる脳波なのだが、それが低下してしまう・・・・
ということは、能動的に行動することや、予測・理性といったことが働くなるということか?

確かに、キレやすい・・・無気力・・・・飽きっぽい・・・
現代の子供たちに当てはまることが多いように思うけど。ま、青年層も・・また、壮年層も・・・

これって、じわじわと忍び寄る人類破滅を示唆しているの?笑

でも、子供だけじゃなく、長時間PCの前で仕事をしている人も同じようにもなるらしい。→自分?
こわ。

で、その対策として、読書(紙の本)・手書き(キーボードでなく)・お手玉(3個の)
といった昭和初期の生活? を思い出されるような行動が脳にはいいらしい。
やはり、利便性は、人間を退行させるようである。

人間よ。原始にもどれ!! ってか?

しかし、手前味噌だが、人間主体の昭和の時代ってよかったなぁ~。便利になりかけたころが懐かしい。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 幸せパパ一家 all rights reserved.Powered by FC2ブログ