場が読めない

先日、20才の若き乙女と話していたとき・・・・
「私、場が読めないいんですよね。」とボソリ・・・・

ゲイは、場が読めなければ生きてはいけない。笑
という冗談は、さて置いて、ゲイとして生まれおちて、若い時には、ゲイという性癖を恨み、嘆き・・・もし、俺が普通に生まれてきたなら・・・・と涙にくれた時もあった。
自分にとってゲイとは、近親者には、決してカミングアウトはしたくない事柄。死ぬまで自分の口からは、ゲイということを名乗りたくはない。(でも、ブログ・HPでは、バレバレだけどぉ。)

その為に、自分は、若きときから場を読める・・場を読まなければいけない・・・その為には・・・といろいろ考えた。要は、ゲイという性癖を片鱗でもみせないために、自分を客観視しなくてはいけないと思ったのだ。その為には、鏡をよく見た。「ああ・・この世で一番美しいのはだれ?。。」笑
というお馬鹿な考えではなく、自分という者を見つめる癖をつけたのだ。ああ、今現在、自分は、こんなことをして、こういうことを言っているのだな・・・とか、まるで幽体離脱でもしたように、自分を見る感性をもつ為に。
そういう考え方が、今の自分を構成しているのだとも思う。

その為に、何をしたかと?
読書。
小説・心理学・脳生理学・・・などを読んだりして。人間とはどいう者なのかを知るためにね。
で、実際の場では、まず、人の観察からはいる。。自分からは、絶対に正体を見せない。うち解けてきたら、自分のゲイ以外の本性をさらりとさらけ出す・・・結構本音で接する。

場が読めないとは、相手の立場に立って考える気持ちがあるか無いか・・につきるのでは?その後、相手がどういう人間なのかを素早く察知して、的確な行動や言動を取れるようにしなくてはいけない。そういうことを結構身につけてきたようにも思う。ただ、それが、適切でない場合もあるが。はははは。
場を読めないと言われる人の殆どは、自己中心的な人間が多いように思うのだが。おめえだよ!ってか? がははは。

で・・・・・・


本当に、人の感情などを読みとることができない人も世の中には、いる・・・ということもに認識していなくてはいけない。
それは、彼らが悪いのではなく、中枢神経のなんらかの異常がもたらす事象らしいが。

いろいろな人が、いる・・・という認識をもつことも大切かも。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか

うなずいてしまいました。

うなづく と うなずく どっちが正しい日本語だか定かではないのですが(爆)

そういうときは・・

頷く・・・と漢字で書いてごまかす、なんてどうでせう?
ほんと日本語ってよくわからないときがありますね。
プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク