■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
チョッちゃんあっての、トットちゃん。
先日、母親からのリクエストがあった。
「チョッちゃんは、もうじき100歳」という本である。

チョッちゃんとは、朝ドラにもなった、黒柳徹子のお母さんのことだ。私の母も80をとっくに超えた歳にもなっているので、いつお迎えがきてもおかしくないので、(^^;)
早速、本を手配した。

新刊なので、私も母に送る前に読んでみたのが・・・・・

これは、徹子と母親の対談を本にまとめた物だが、70代?の子供と、母親が対談をするのも、ちょっと珍しい。
これを読むと、黒柳のあの「窓ぎわのトットちゃん」時代の自由奔放さと、ユニセフでの親善大使の活動をする彼女がどうして生まれたのかが、良く分かる。
徹子が、最後に現代の時代を踏まえ、「ママが今いいたいことは?」とか(70にして、ママかよ。笑)という問いに・・・・チョッちゃんは、

「母親は、どんなこどもであっても、その子を愛して、味方になって守ってあげてほしい。」と。

昨今、子供と親との確執がいろいろ取りざたされて、殺人まで犯すようになってしまった時代に、将に的を射た言葉である。

愛を注がれ育った子供は、(過保護ではなくてね。)確かに、思いやりの心は育つであろうしね。

この本、700万部の超ベストセラーの「窓ぎわのトットちゃん」を読んだ人が読むと、結構ハマルと思うよ。

因みに、この本が発行される前に、チョッちゃんは、天国に旅立たれてしまいましたが・・・・。
ご冥福をお祈り申し上げます。

読後感・・・・
どんな苦労も、苦労と思わず、楽しんで人生を謳歌する人は、
なんと美しいことか。また、他人を思いやる気持ち・・・
それは、決して押しつけの自己満足ではなく・・・・
そういう人の周りには、人が集まる。
人生ってそういうもんだろうな。

スポンサーサイト


| 07:28:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
さすが師匠。
師匠の言葉
「他人を思いやる気持ち・・・
それは、決して押しつけの自己満足ではなく・・・・
そういう人の周りには、人が集まる。」

「ハッ」としました。
そうですよねぇ、そうなんですよねぇ。
おいらもそういう温かい人間になれるように日々精進しなくては・・・
2006-10-07 土 21:22:29 | URL | ponpoko [編集]
思いやり・・・
ぽんちゃんは、きっと出来る人だと思義います。
律儀だし・・・・・涙もろそうだし・・・笑

2006-10-07 土 23:58:51 | URL | waipapa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad