僕の昭和歌謡史 1

先日読んでいた「TV博物誌」の連鎖反応で、こんどは
「僕の昭和歌謡史」 泉 麻人
を読んでいた。
年代的には彼は私より、2つ下にあたるが、まあ同時代を生きているわけだ。読んでいると、そのころのガキの思うことって皆同じなんだな~なんて思ってしまう。
一番は、当時の歌詞の読み違え。
太田裕美の定番の「木綿のハンカチーフ」。
恋人同士の掛け合いの歌詞であるが、その女性のパート。(2番あたりかな?)
♪ いいえ 星のダイヤも 海に眠る真珠も・・・
っフレーズ。
これを、「いいえ、欲しいの ダイヤも海に眠る真珠も・・・」
って解釈していた。なんて、強欲な女なんだろう!!って。笑

このころのガキには、現在と違って歌は全てテレビを通じて
入ってきた訳で、歌番組も多かった。
なんかこれを機に、自分の歌謡史なんてもの書いていくと面白いかもな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク