■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
やばい・・
昨日の歌詞の続きなのだが、愛と恋っていろいろな歌で同じように、比較され歌われているようである。

連絡頂いた「恋愛症候群」や、TUBUの「REMEMBER ME」は
♪ 愛は、与え続け・・恋は、奪い続ける・・・云々的に。

ちょっと毛色が変わると、ミスチル「名もなき詩」には
♪愛はきっと奪うでも与えるでもなくて気が付けばそこにある物

というフレーズがあるらしい。

でも、これっていろいろ人類創世から人を好きになることを
連綿と続けてきて7000万年ぐらい?(違うか)
一向に変わらない普遍的な感情なんだろうね。

恋は、やはり激しさが伴い、喜びや満足感と同時に、嫉妬や自己嫌悪など割合ネガティブな感情も共に引きずるものだ。
恋に落ちるとは、自分的には、ある日突然、自己が消失すること。その強さが強いほど、相手に振り回されることになる。振り回されるとうより、自分がいつも相手のことを考えてる・・・ってことなんだけどね。
これが、女性のオルガスムスのように、高まったり、引いたりと周期をもってやってくる。この時期をどう乗り越えるのか・・
この時期は、自分の自信を悉く崩されるときでもあり、相手が絶対的にすばらしく思えてしまい、的確な判断ができなくなる。
いろいろ気分転換をしようと思えば思うほど、いろいろな場面や
ふとしたことで・・・・・ぼーーっと考え込んでいることも多くなる。
音楽を聴く時間が増え、普段うるさい奴も、大人しくなる。笑

布施 明 の「恋」にも、
♪ 逢っている時は、なんともないが、
  さよならすると、涙がこぼれちゃう。
  逢うたびに苦しくて、逢えばまた切なくて・・
  逢え泣けりゃ哀しくて、逢わずに居られない・・

う~ん、これぞ、恋を語るのに、一番のフレーズかもな。

でも、確かにこれは、好きだという感情をお互い、確かめあってはいるものの、不安がつきまとったり嫉妬が頭をもたげたり・・・等々。
いわゆる相手を想う気持ちが強く、自分の感情をそのまま相手に投影して、一喜一憂している観がある。
そう、苦しいときだよな。
胸がキュンとする・・・あれだね。とてもエゴな感情だ。
これって根底には、性が関係しているんだろうね。
でもこれは、どうもがいてもショウがないことだよな。苦しむのは。それで、成長することもあるのだろうし。

それと比べると、愛は、とても静的なかんじがする。
もう、性を達観してしまったって感じかな。
そう、いま、性をいったけど、自分的には、

恋は、動物的な性をむさぼる時、相手を全て独占したいとき。
愛は、その後の精神をはぐぐむ時 相手を全て解放できるとき。

どうだろうか・・・・

でも、どっちがいい?

自分は、苦しくても恋がいいかも。










スポンサーサイト


恋愛 | 15:55:14 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
難しいっすねぇ・・・
感情に一喜一憂して、ハラハラしてる時は
「もっと落ち着いた関係になりたい」と思うし・・・

落ち着いた「愛」を育んでる時は
「ドキッとするような昂りが欲しい」って思ってしまう・・・

こういうおいらって「熱しやすく冷めやすい」ってこと?・・いやじゃぁ(汗)
2005-06-23 木 00:29:20 | URL | ponpoko [編集]
実感
ほんとに、ponpokoさんの言うとおり。人間ってどうしてこう複雑な生き物なんでしょうかね。
これは、みな同じなのでしょうかね。年齢とかスケベ度とか・・笑
熱しやすく、冷めやすい・・のかな。自分は、熱しやすく、冷めない。ですが。がははは。なんてね。
2005-06-23 木 06:29:19 | URL | luckypapa [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「Musical Baton」なるもの
daddyscarさんからおもしろいバトンを頂きました!おいらもこういうの好きなんで、リレーしてきたいと思います。   その名も「Musical Baton」。5つの質問にブログで答えて、リレーしていくというコミュニケーションでやんす。ではでは、早速おいらも開始!Follow me!! 2005-06-23 Thu 02:08:43 | ponpokoのひとりごと

FC2Ad