■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
母の日の贈り物
先日、母の日に、どっちの料理ショーを見いたとき、醤油ラーメンの方で使用していた
丹波の黒豆を使った 生一本 湯浅醤油を送ってあげた。

この醤油、一樽、醤油を作成に失敗すると、2000万円?の損を覚悟で作らねば
ならない究極の醤油とのこと。古書をかき集め、いろいろ試行錯誤で作成したらしい。
自分は、味見したわけではないが、母がいうには、
「コクがあって、確かに美味しい。味に深みがある・・・・でも高いね」
らしい。そう、200ml 1050円だし。
ただ、高齢の母にはいろいろ美味しいと言われるものを食してほしい。
それと、高山寺味噌に紀州のお菓子・・飴の梅三昧とね。

でだ、この最後の梅三昧。
やっほ~のショッピングで購入したのだが・・・・・サイトは、紀州名産サイト。
紀州4枚 笑
で、HPにはたしか、和歌山産って書いてあったと思うのだが、
届いた飴には、梅は(中に梅が入っているらしいが・・・)中国産だと。
母が、ぼけたか?と思って再度追及したら、やはり中国産だと。
で、その趣旨をメールにて、確認したところ、(お、クレーマークレーマーが発動?笑)

「確かに、中に入っている梅は、中国産で、作成したのは、和歌山県です。
紛らわしい表示ですみませんでした。」
とのメールをもらう。
この飴、母は、「おいしい」って喜んでいる代物。
だから、良い買い物をしたのだが・・・・・・・
ただね・・・・・
和歌山の名産といえば、なんと言っても梅でしょうが。
それにサイト全部が和歌山名産だしね。当然、こちらは和歌山の梅が使用されている
と思うのが筋。

それが・・・追究した結果がこれだった。
ちょっとがっかりな、自分。
別に、中国産が悪いわけでもなく、和歌山の梅が一番・・てわけでもなかろうが、
自分の意図しなかったことが起こったのが、不満だよな。
その後、某サイトを見たところ、和歌山産って文字が消えていたけど・・ね。

このサイト、和歌山の名産品をとりあつかっているんだけど、ちゃんと調べて載せている
のだろうか?消費者もいろいろ調べてから購入するのだろうが、情報はあくまでも載せる
側の情報しかないのだから、その辺は、よろしくね。
でも、これって虚偽でもないし・・・ただ、顧客を一人なくしたことだけだけど。



スポンサーサイト


未分類 | 11:26:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad