音楽の変遷。

年代的に、私が育った時代では、音楽といえばテレビからの情報が一番だったかな?
音楽への目覚めは、小学校5年ぐらから。兄がエレキバンドを作っていたのでその影響が大。自分は当時、ギターは大きすぎたので、ウクレレを弾いていた。ガキの自分の集中力ってすごい物で、すぐに一冊の本をマスター。その後、加山雄三が若大将シリーズで一世風靡していたので、御多分にもれず、「お嫁においで」が十八番になる。

歌を歌うことより、聞く方に興味があったけど、GS(グループサウンズ)を聞き出してから、自分でボーカルをやりたくて、歌を歌うことに目覚めてしまった。ステレオを購入してからは、兄や姉が買ってきたレコードを何時間も聴いたりして、外国の歌などにも魅せられていった。

中学時代は、専ら音楽より、東映の加山雄三に魅せられ、怪獣映画に魅せられ(笑)、漫画に魅せられ・・・・・いや、いろいろな事に興味があったね。でも、一番魅せられていったのが、加山雄三だったかな?(同級生に恋心を抱いた時代)

それから、高校時代にはいってから、歌謡曲、PPM、クリフリチャード、ビートルズ、映画音楽・・・などに填っていた。この頃には、ギターをマスターしており、勉強そっちのけで、ギターを抱えて歌っていたな。

大学に入ってからは、なんといってもフォークソングに傾倒。
ここで、初めて、井上陽水に出会う。彼の世界に自分の複雑な思いを寄せる。傘がない・・・・これは、下宿で大声で歌っていたが、住民には偉い迷惑だったことだろう。笑

社会に出てからは、演歌・歌謡曲・ニューミュージックetcなどいわゆるダレ専になる。笑(男は、違うけど・・・ははは)

加山雄三→グループサウンズ→ポピュラー→映画音楽→ポピュラー→フォークソング
→ニューミュージック→演歌→etc

こんな具合だろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク