読書三昧

この3連休は、猛暑のため、もっぱら読書三昧。
今ハマっているのは、沢木耕太郎。
最近は、彼の本しか読んでいない。若い時は、一人の作家を読み続ける
ということは、しなかったが・・・
彼の中に、何か惹かれるもを何故かかんじる。
ノンフィクションライターの域にはまらず、小説もかいているし・・・
だから、その小説がノンフィクションのような錯覚に陥るのかも。w
「春に散る・上下」は、読破。
いや~、寝しなに読んでいるのだが・・・
時代小説のようなタイトルでありながら、ボクシングの内容。
ボクシングなど、ただの打ち合いとしてしか、認識していなかったが、
プロスポーツの厳しさ・内容の深さに驚かさせる。彼は、カシアス内藤を
取り扱った本も書いているので、多分、ボクシングの内容には詳しいようだ。
この本、何か高倉健を彷彿させる雰囲気を醸し出しているような気がするのだが。
男の美学や、老後、友情、純愛・・・・
最後は、やっぱ考えさせられる。。。どっちが幸せなのかを・・・
でも、ハッピーエンドだったのだろうか?
内容は読んでうちに、想像は何パターンかは思いついたが。
ちょっとこの年令で読むと心に染み入るものがある。

スポンサーサイト
プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク