老いへの自覚

来年で還暦を迎えることになる。
それに向けて、今から老いということがどういうことなのか、少しずつ考えて行こうと思う。

老人になると、海馬の働きが悪くなる。短期記憶が出てこない。それが起因しているのかわからないが、
時間の観念が若い時と比べて短くなるらしい。年寄りが、一年があっという間・・・・若いときには
感じなかった事柄が、現在は、よく理解できる。
それと、免疫力の低下。風邪を引きやすくなったり、湿疹などが、すぐに治らない。
早起きになる為か、寝る時間が早くなる。体の疲れもあるのだろうが、最近、0時以降まで起きていた
ためしがない。

人の話を最後まで聞かないような傾向が出てくる。途中から自分がしゃべり出したり・・w
母が言っていたが、「話す言葉が、違って聞こえる」。う~ん。分かる。この前あった。
道路の小さい段差ほど、つまずきやすくなるし。老眼が進むため、読書しても疲れやすくなる。
それによって、読書時間が減っている。長時間の読書もできない。
決断力に時間がかかる。2者選択など、結構悩む。w
重力に逆らえず、顔がたるむ。ブルドックに・・・それが、頑固顔をつくるのか?
など、ざっと考えただけでも、これだけ出てくる。

確かに、老いは、徐々に私たちに忍び寄ってくるので、意識をしていないと、気づかない。
気づいた時は、もう老人。
しかし、マイナス要素を書いてはきたが、それが、不幸せ?とは、感じない。
欲はそこそこなくなるからなのか? 性欲はいたって旺盛だが・・・・w

とはいえ、体の老化は、生きていく上でつらくなる。なので、若いときから、筋力はトレーニングを重ねた方がいい。
私の場合、車に乗らないので、歩くか自転車の生活。
軽めのダンベル・腹筋・ストレッチは、週2ぐらいで続けている。歩くときは、姿勢に気をつけ早めに歩く。
歩く姿勢や歩き方は、その人の老化を如実に表すと思う。

核家族化がすすみ、一緒に老人と生活することがなくなってしまったので、老いるということを身近に感じなくなっている。私もそうだ。

今、「老いの超え方」吉本孝明 を読んでいる。
年を取るとは、どういうことなのか・・・・・・・先輩にお聞きしよう。

因みに、老人・・・この言葉とってもいやな響きだよな。
もっとポップな言葉を作ればいいのに・・・
流行語大賞なんて騒ぐより・・

如来様・・・なんてどう? 悟りを開いた人。 え? 仏様のほうがいい?  オヒ。





スポンサーサイト
プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク