プロフィール

waipapa


最近のコメント


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


カテゴリー


訪問履歴


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:フード

銀行へ行く途中、見てくれがしょぼい手作りケーキやの店頭に、懐かしい顔を見つけた。
思わず、ドアを開けて・・・・
じっくり観察すると、おおおおお    シベリアだ!

お婆ちゃんとお爺ちゃんで細々と手作りケーキを作っているとのこと。
小豆は、北海道産で、豆から炊いてアンコをつくるらしい。
スポンジも粉からブレンドして作成。一つ 200円。
高いのか安いのか分からないが・・・・お婆ちゃん曰く・・・安い。らしい。

いろいろ話を聞くうちに、結構顧客がついているらしい。関東近辺から、予約がはいり、他のケーキなども
1ホールも手作りでオリジナルだそうだ。インターネットや口コミで広がったそうだが。
ま、話の種にと・・・4個ほど買い求めたところ、800円
で、その後、切れ端も持って行け・・・・と、ビニール袋一袋、買ったやつと大体容量的に同じ切れ端を
60円で買い取り、帰宅。
早速、デザートに食べてみた。

うまい!!
そんじょそこらの、パン屋で売っているシベリアとは、雲泥の差。
アンコも水ようかん風味で丁度良い甘さ。スポンジは、ふわふわで、香りもgood.
流石に、関東近県からの顧客がつくことにも頷ける。
これなら、ほかのケーキや、パンも所望したいところ。
こんな田舎にこんなしょぼい店に、こんなうまいケーキ?を作成する職人がおったとは・・・

お婆ちゃん曰く・・「一日に50個限定。人を雇って
          手広く儲けようとは思わない。私ら、2人、何とか暮らせればそれでいい。」

この謙虚さが、この味をだしているのだろう。

どこかのホテルのメニューで出された料理とは、ひと味もふた味もちがっているのだろう。
これが本来の真実の味なのかも・・

スポンサーサイト

copyright © 2017 幸せパパ一家 all rights reserved.Powered by FC2ブログ