■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
複雑な思い
腰の痛みもだんだんと癒えて、トイレへも何とか一人でいけるようになった母。
ただ、起きあがる時には、介助の手が必要になるが・・・・

久しぶりに母親と手を握った。
その手を引いて・・・・母がついてくる。

きっと、私が幼かったころ、こうやって母が私の手を引いていたのだろう。

しかし、老いるということがどういうことなのか・・・手に取るようにわかる。
親は、いつになっても子供に何かを教えるものなのか。

だんだんと、母の頭の中の短期記憶が、メモリーから削除されていく。
以前のおしゃべりだった姿は今はない。
でも、手を握って分かることもある。

ちょっと粗相をすると、以前の母を知っているが故に、ちょっと声を荒げる私。
その後、その動作を何度もしている母を見て・・・心が痛んだ。
きっと彼女の中では、一生懸命なんだろう。
外見がふつうに見えるので、つい、以前の母と対話してしまう。
でも、悲しいかな以前の母親の姿はそこにはない。

こんどは、私が親になる番かな?
でも、この親の元に生まれてほんとによかったよ。ありがとう。

スポンサーサイト
健康 | 08:18:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad