■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
selfcontrol
自分の性格を思うに、富みに最近顕著に感じることは、完璧主義者的な
要素が強いということ。
これは、他人の評価というより、自分の価値観での話なのだが、結構疲れる性格かもしれない。
特に、自営から普通の社会に出て行ったときに、いろいろ妥協を許さない部分が自分にはある。
自営の時は、すべて自分の判断で決めることができるので、ストレスもないが、雇用されることになると、トップとの指示に従わなければならない。ま、リーマンの宿命だけど。
ただ、与えられた仕事をこなすときに、いままでの自分は、パーフェクトを望んでしまう。
その為にいろいろ右往左往するわけで、その為に自己研鑽という面では、メリットもあるが、いろいろなことに気を回したりするので、結構精神的には消耗する。
しかし、寄る年波、完全主義者からの脱皮も必要だろう。仕事をいい加減・・・といういう意味ではなく、
「確かに、完璧に仕事をこなすことは、ベストだけど、そんなことは、無理。なら、なるべくそれに近づけるようには努力するけど、できないときは、やらない。」

妙にガンバら無くっていい。
それをカバーできる人脈やら、人を利用すればいいのである。または、人に頼めばいいのである。
完全主義者の人間って、結構他人に頼むということを拒む人間が多い。
それは、自分でやった方が楽だし。でも、その根底には、人からの視線がそうさせることもある。
人からよく思われたいとか・・・・・人から評価されたいとか・・・・他人の尺度で動いている場合もある。その為に、結構動いてしまう場合もある。

若かりし時の自分って結構そんなこともあったし。

社会性って、自分の考え方如何で、見方が180度も違って見えることもある。
なにしろ、自分で生きやすいように自由にその尺度をかえていけるような柔軟性も必要だ。
そう、老獪になることだ。ふふふ。






スポンサーサイト
社会 | 10:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad