■プロフィール

waipapa

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■カテゴリー
■訪問履歴

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
昭和レトロ 1
自分が生まれたのは、昭和○○年。
アメリカの水爆実験で、第五福竜丸が死の灰を浴びたときである。多分、これが、ゴジラの誕生につながると思うのだが・・

小さい頃の想い出として、一番残っているのが、テレビである。当時、テレビのある家庭なんてとってもお金持ちの家で極少数。
近所の人達が、珍しがって、その家にテレビを見に集まったもので、当事者たちはほんとに迷惑千万だったに違いない。
玄関には、ガキのズック(スニーカーではなくてね。笑)が散乱し、お菓子なども出したりと・・
でも、いやな顔などせずに、みんなでテレビを囲んで、映画館状態で鑑賞したのである。そう、鑑賞という言葉がぴったりだった。隣近所の付き合いが大層、密の時代だったんだね。
見ないとき、テレビは、ビロードの布地を画面に掛けられ、鎮座しておった。見るときは、恭しく布地を上げるのだが。あれは、いわゆる緞帳を意味するのだろうか・・
せいぜい、小一時間ぐらいだったろうが、とっても長く感じたものだ。また、帰りがすごい。帰りを急ぐガキ達が、我先にとズックを履こうと玄関に集まるわけで、ズックの行方が分からずに泣きわめく子がいたり、間違って履いていってしまったりと・・・
ま、戦後、ちょっとはゆとりが出てきた時だったのだろうか。

スポンサーサイト
社会 | 16:49:43 | Trackback(1) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad