永遠の0

今日、読み終えた。

600ページ近くある単行本だったが、一気に読み通せた。

戦争物は、あまり読んだことがないのだが(お涙頂戴的なのが、いやだったから)
集団的自衛権など世間を騒がせている話題もあるし、映画でも話題になったし、読んでもいいかな~
ぐらいの気持ちで読んでみたが・・・・

何度涙が出たことだろう。

小説とはいえ、作者 百田 尚樹さんは、史実に基づき、いろいろな文献を調べて書いているのだろうし、
戦争中では言えないようなことが、戦後いえるようになったからだろうが、本当はどうだったのだろう・・・とか
結構、気にはなっていた。

読むにしたがって、通り一遍ではあるが、戦争とは? 愛国心とは? 愛とは? 特攻とは? 軍隊とは?
いままで、無視しようとしてきたことが、現実問題として自分の前に現れてくる。

戦後生まれた戦争をしらない子供だから、当時のことは文献やら、映画やらでしかわからないが、自分の3分の1しか
生きていない若者達が、お国のため・・(表面上では)に死んでいった事実。
どんなに毎日毎日がつらいことだったのか・・・・
戦闘でも、生きて帰れる望みが100%無い、必ず死ぬ・・・そういう日がいつめぐってくるのか・・・
その重圧に当時の若者はどうやって耐えたのか・・・・
ほんとに、涙が止まらなかった。

ホームページで知覧特攻平和会館の特攻隊の残した遺書や、写真などが掲載されているが、彼らのあどけない
微笑んで取られている写真に目をやるといまでも、泣ける。

現在、私も含め平和ボケして、だだ、なんとなく平凡に生きて、刺激がない・・・などとほざいている者たちは一度、
読んでみるべきか。

戦争がいかに、残酷で無意味で愚かしいことかなんてことは、多分、人間はわかっているのだろう。
ただ、わかっているのに、戦争が起こってしまうのは、なぜ?

今日、会社の帰りに月が出ていたが、この月を彼らも同じように見ていた時があるのだと思うと、
また、ジーンとしてしまう。
今、自分が生きている幸せは、あなた方の御陰であるとしみじみ感じる今日この頃。

ありがとう。何度言っても言い足りないが、ありがとう。

いやだ、とか、辛いとか・・・いっていた、自分に喝。

読後感。
いろいいろ考える機会を与えてくれた。今日の月…彼らも見ていた。決して、戦争が映画や小説の世界のことでは
ないことを、肝に銘じる。 
スポンサーサイト

オジいサン

京極夏彦の本
現在、彼は私より、10才ほど若い。その彼が、「オジいサン」を書いた。
この題名にひかれて、読んでみた。

ところで、おじいさんって年齢的にみて、いくつぐらいを言うのだろう。
家族的にいうのではなく、外見か単なる年齢でであるが・・・・

現在61才になってしまった私。おじいさんなんて言葉は、以前は、右の耳から左の耳に寸時に通り過ぎたはずだったが・・・
赤いシャツを着たり、ピンクのボタンダウンのシャツを着たり・・・ジーンズを履いてはいたのだが・・・
だんだんと、たまに鏡に映った自分を見るに付け、似合わなくなってきているような・・・w
サイクリングにいって、普段止まるときに付く足を、違った足で付いてしまったときに、腰を痛めたり・・・
だんだんと、無愛想にな顔つきになってきたな~と思ったら、重力にさらされたため、肉が下がった影響に気づく。
顔は分かるのだが、名前が出てこない。
本を読もうとおもっても、老眼鏡がないと読めない。まして、小さい単行本などを読むと非常に疲れる。
図書館で本などを借りてくるのだが・・・・以前に読んでるし・・・w
etc

でもオジいサンって呼ばれたら、絶対振り向きはしないけど・・・・(耳が遠くなってるのか?)

自分の体は自分で守れ。

医者に殺されない47の心得・・・近藤 誠

このショッキングな題名に触手を動かされて読んでみた。
以前にも彼の著書は読んだことがあるが。

現在、私は、血圧降下剤・コレステロール降下剤の2種類の薬を服用している。
もう、かれこれ1年は飲み続けているが。一生飲み続けなければならない・・なんて云われてはいるが。
近年、高血圧・高コレステロールがよくないということで、それらを下げるいろいろな薬や健康飲料などが
CMを通して流れているが、結構不安を煽る。

で、以前彼の本を読んだ中で、
「一生飲み続けなければならない薬なんておかしい!!」
一時の対処療法で使用されるならいいが、必ず副作用のある毒が薬なんだから、確かに分かる。
また、この本の中に、医者と製薬会社の癒着の問題やら、開発費用と採算性など経済の問題も書いてあった。
また、日本が一番薬に頼っている国民だとも。
それを知ってから、私は、薬を飲むのを現在中断している。
 
自分に関して云えば、飲み続けていたから、体に湿疹ができて、便秘ぎみにもなった。頭もちょっと
ぼーっとする感もあり。で、湿疹は薬物アレルギーでは?って聞いたら、一番軽い薬だし、それはないと
思う。とりあえず、ステロイドの軟膏を出しておきます。と・・・・・
診察は、およそ5分程度。(血圧をはかり、問診)
酒や食い物も気をつけてはいたが、薬を飲んでいるのだから・・・・安心!
なんて甘えが確かに存在していた。

で、薬を中断している現在、湿疹は、治りつつあり、便秘もなくなっている。健康状態も至って良好。
血圧を測る頻度も増えているし。現在 140前後で定着している。(これも高いというだろうが・・・)
以前は、160以上が高血圧・・と云われいたらしいが。現在は130?ぐらいか? この根拠も
曖昧らしいが。

これから老化も進み、医者や薬のお世話に当然なっていくことだとは思うが、自分の体ととよく対話し
自分の考えで自分の健康を守るのが、一番だと思う。
自分の体を一番よく知っているのは、医者でなく、自分自身なんだからね。

それに、人間の体って良くできている化学工場でもあるのだから、自分の体を信じてあげることも
必要かもしれない。薬がすべて・・・・なんて考えは、早急に捨てるべきだとも思う今日このごろ。


追伸・・・
  薬でも、その時点でまたは、病気の種類などでは、有益であり、必要不可欠なものは、当然あるし
  薬の恩恵も受けてること確か。
  これもいっておかなくてはね。w




色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹・・・・・
導入部から途中までは、ほんとにひきこまれていったのだけどぉ・・・・・
最後は、こんなんでいいの?

てな感じで肩すかしをくったというか・・・
ま、読者に考えさせる構成なんだろうけど・・・
すっきりしない。笑

ま、いままで東野圭吾ばっかり読んできた私としては、推理小説の終わりのようにすっきり
まとめてほしかった・・・・

でも、村上春樹っていつも思うんだけど・・・
なんで人気があるのか?
私には、わかりません。

仏教

日増しに北風が強く吹くようになってきた今日この頃。
年末の会社の忘年会などで、食べ放題・飲み放題とのメニューに踊らされ、
目一杯食ったり飲んだりと・・・・人間の煩悩から抜けきれない生活をしている。w
翌日は、二日酔いでダウン。
ま、若くないのだから、こういう誘惑に乗らないようにしなくてはいけないのだが・・・・

最近、はまっている本がある。
スリランカのスマナサーラ著書(日本テーラワーダ仏教教会所属)なんだけど。
医者や小説家などとの対談などを読んでいると、非常に仏教が理論的な解釈の下に在るのがわかる。
宗教っていろいろオカルトがかったり、恐怖を植え付けて布教したりと(偏見?)洗脳したりと・・・
奇跡が起こって・・なんていうちょっと現実離れしているもので、自分との接点はないと思っていた
が、この本に接して、決してそういう趣旨でもたらされた物ではないらしいことがわかった。
むしろ、とても科学的に分析をして、現実から目をそらすのではなく、現実を真実の目で見る訓練?
ということのようだ。
仏教にも宗派やら、中国やインドや日本などいろいろ伝承されてきてるので違いがあるのだろうが、
彼のいう仏教って、現代の混沌として、人間不在的なメカニックな社会で病む人には読む価値が
あるような気がする。
気持ちが楽になるという感じか。
プロフィール

waipapa

最近のコメント
最近の記事
若い人に急増しているSTD(性感染症)少量の尿だけで検査できます!
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
訪問履歴
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク